TITLE THE BEAUTiFUL PEOPLE TOUR -season II- "ONEMAN SHOWS 2017"
DATE 2017.03.30[Thu]
VENUE Zepp Tokyo
TIME 開場 / 18:00
開演 / 19:00
TICKET 【全国共通】
立見¥4,000 (税込・入場時別途ドリンク代)
※6歳未満入場不可・6歳以上有料
※お一人様各公演4枚まで
■一般発売:2017/1/28(土)10:00


上記QRコードより
携帯サイトをご覧になれます。
SiM
NAME : SiM (Silence iz Mine)
MEMBER : SIN (シン, Ba) / MAH (マー, Vo) / GODRi (ゴリ, Dr) / SHOW-HATE (ショウヘイト, Gt)
UNITED : 11/03/2004
LOCATiON : Shonan, Kanagawa, Japan
STYLE : REGGAE PUNK (STREET PUNK / HARD CORE / SCREAMO meets SKA / REGGAE / DUBSTEP)
LABEL : UNIVERSAL MUSIC JAPAN
MANAGEMENT : gil soundworks
 
“個性的” “ライブパフォーマンスが魅力” などと形容されるバンドは多々在れど、真偽は疑わしい場合が多い。
彼らはそう言った言葉が本当の意味でしっくりと当てはまる数少ないバンドだ。
“ROCK”や“PUNK”というものが単に楽曲の方向性を指す言葉に成り下がってしまった昨今、SiMのように攻撃的リリック・反骨心溢れる精神性やその姿勢でそれを体現するバンドは貴重な存在であり、その目で、耳で、体で、心で、触れた瞬間に確信するだろう。
 
これこそが本当の生きた音楽なのだと。
 
また主催イベントDEAD POP FESTiVALに於いてのシーンを活性化させようという積極的な姿勢や、一年を通して常にツアーし続け『ライブバンド』である事に全てを注ぐ活動方針などもキッズや他のアーティスト・関係者からの支持を集める大きな要因と言える。
 
2004年の結成以来、幾度のメンバーチェンジやメンバーの重病、所属レーベルからの解雇など度重なる試練を乗り越えながら進化を続けたSiM。

2011年、​gil soundworksへ事務所移籍後発表した"KiLLiNG ME"のMVはインディーズ当時としては異例の100万回(現1000万回以上)という再生回数を記録し収録アルバム"SEEDS OF HOPE"がスマッシュヒット。

2012年、ミニアルバム"LiFE and DEATH"はオリコン初登場9位、そのツアーファイナルの模様を収録したDVD"DUSK and DAWN"もオリコン3位、またCD ショップ大賞ライブ映像賞を受賞。

2013年、メジャーレーベル10社以上が獲得に乗り出す中ユニバーサルミュージックとの契約を発表、第一弾となるシングル"EViLS"はオリコン初登場9位、3rdフルアルバム"PANDORA"はオリコン5位を記録。

2014年、PANDORAツアーにて自身初のワンマンツアーは全公演完売。ファイナルではワンマン&DEAD POP FESTiVALの新木場STUDIO COAST 2days公演を行い両日即完。
結成10周年記念作品"10 YEARS"を発売。オリコン音楽チャートでは1位を記録。

同年10月には3rd Mini Album"i AGAINST i"を発売。
オリコン7位を記録。
エナジードリンクRedBullとタッグを組み、前代未聞モッシュあり、ダイブありの「船上ライブ “THE ENDLESS PLAYGROUND -powered by Red Bull-” 」を開催。
リリースツアーは対バンツアー24本を全公演完売、ファイナルワンマンシリーズとしてZEPPツアーを行い大盛況のうちに終わる。

2015年7月11&12の2日間、自身の企画イベントである"DEAD POP FESTiVAL"を初野外に場所を移し、大成功を収めた。
同年10月6thシングル「CROWS」を発売し、リリースツアーとしてZeppシリーズ&日本武道館公演を行い全公演完売させる。

2016年4月6日には4thフル・アルバム「THE BEAUTIFUL PEOPLE」を発売。
ウィークリーオリコンチャート6位を記録。

全国26箇所を巡る全国ツアーは全公演即日完売。
このツアーファイナル
「THE BEAUTiFUL PEOPLE TOUR 2016 GRAND FiNAL"DEAD MAN WALKiNG" 」
と銘打ち、横浜アリーナ単独公演を行い、こちらもチケットは完売。
11,000人以上を動員した。

今やシーンの中核へと成長を遂げた彼らをまだ見ぬ君は、時代遅れかも知れない。
 


■HOST EVENT
 
DEAD POP FESTiVAL vol.0 1/16/2010 @ 渋谷club asia
DEAD POP FESTiVAL vol.2 1/22/2011 @ 渋谷club asia SOLD OUT
DEAD POP FESTiVAL vol.3 1/14/2012 @ 恵比寿LIQUID ROOM SOLD OUT
DEAD POP FESTiVAL vol.4 1/11/2013 @ 渋谷O-EAST SOLD OUT
DEAD POP FESTiVAL vol.5 1/26/2014 @ 新木場STUDIO COAST SOLD OUT
DEAD POP FESTiVAL  7/11&12 /2015 @ 東扇島東公園 SOLD OUT
DEAD POP FESTiVAL  7/9 &10 /2016 @ 東扇島東公園 SOLD OUT

more info) DEADPOPFEST.com



■EVENT HIGH LIGHT

(2016)OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL,RISING SUN ROCK FESTIVAL,八食SFL,WILDBUNCH,RUSH BALL,TREASURE ,KnotFest USA,VIVA LA ROCK FES.

(2015)ARABAKI ROCK FEST. PUNK SPRING,OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL,八食SFL,SWEET LOVE SHOWER, RUSH BALL, MONSTER baSH,JOIN ALIVE,SOUND MARINA,Ozzfest2015,Merry Rock Parade2015

(2014)ARABAKI ROCK FEST. PUNK SPRING,SUNBURST,OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL,FUJI ROCK,JOIN ALIVE,HEART-TOWN ROCK FES(台湾),WILDBUNCH,RUSH BALL,SWEET LOVE SHOWER,Sky Jamboree,TREASURE ,KnotFest2014,RADIO CRAZY
 
(2013) RADIO CRAZY, SWEET LOVE SHOWER, RUSH BALL, MONSTER baSH, WILD BUNCH, RISING SUN ROCK FESTIVAL in EZO, 八食SFL, OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL, COMIN' KOBE, ARABAKI ROCK FEST. PUNK SPRING

(2012) SWEET LOVE SHOWER, MONSTER baSH, SUMMER SONIC, JOIN ALIVE, 八食SFL, OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL, COMIN' KOBE, STORY OF THE YEAR JPN TOUR 全カ所サポート

(2011) FUJI ROCK FESTIVAL ROOKIE A GO-GOステージ, 八食SFL

(2010) 京都大作戦, 八食SFL, 311 JPN TOUR 渋谷公演サポート, ENTER SHIKARI JPN TOUR @新木場STUDIO COAST w/ A DAY TO REMEMBER, ESCAPE THE FATE

(2009) PUNKSPRING

(2008) 京都大作戦, SUM41 JPN TOUR サポート@新木場STUDIO COAST